2007年04月03日

ある民間療法33日目

もう、『禁断』は、外します。

先週後半は、まったく体調が落っこちていました。

3月29日は、身体がガタガタ震えて寒くてしょうがなく
(気温はそう低くなかった筈)
体温を測ると、35.4℃とかです。
とにかく、布団にくるまって過ごしました。

翌日、30日朝、少々の不正出血。
2日半程、続きました。

きっと、この出血の前の、しんどさだったようです。

今度は逆に、手足が熱く火照って眠れませんでした。
といっても、熱があるわけではありません。

尿療法を始めて、1ヶ月が経った訳ですが、
何かが身体の中で起っているようです・・・


posted by ひ〜 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。