2007年04月05日

ある民間療法35日目

一昨日まで、本当にしんどかったです。

立つどころか、座っているのも辛くて
食事もゆっくり出来ないのです。

そこで、井上アトム氏のDVDをご紹介頂いた
デポル/プハン普及会の代表、望月さんに電話してみました。

かなり弱っている様子を、訴えたところ
望月さんは
『辛いところにタオルを重ねた上にアイロン』
『市販のお灸を、ツボなどあまり考えずに
  2cmおき程度に並べる』

などのお手当についてアドバイスを頂きました。

早速、アイロン。
『弱』に温めたアイロンを、胃やお腹、肝臓、背中に
おくと、じわ〜っと温まり、結構20分くらいは
平気で当てていられます。
身体の中から、温まるカンジです。

そしてお灸。
まず、胃の辺りに5個程並べて、熱さのピークを
過ぎると、すぅ〜っと軽くなりました。

それで、鏡などは見ないで、痛むというか
痛気持ちいいところを探ってみると、
どうも胸骨の右側が、鎖骨下から縦に
ずら〜っと痛むのです。

そこにも5個程。

これが効きました!
なんだか、詰まりが取れたようなカンジです。

なんでこんなトコロ?

まぁ、楽になれれば、何でもいいんですが。

尿療法は相変わらずです。
最低でも100日は続けてみなさい
と、井上アトム氏は言われます。

腸内洗浄効果は、今も続く。


posted by ひ〜 at 03:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!望月です。スタッフが、「バイオヘルスのことをブログで書いている人がいますよー!」と大喜びで教えてくれました。もちろん私も大喜び。
さて、敢えてこの日にコメントを書いているのは、ひ〜 さんが書いていた「鏡を見ないで押してみていたいところにお灸をする」というのがとても良い方法だと気に入ったからです。
そうそう、そうやって、体と心の声に耳を傾けていくと、必ず回復していきますよ!
良いアイディアを有り難う!
他の方への健康相談に使わせていただきます。
Posted by 望月佐知子 at 2007年04月13日 11:20
望月さん

有難うございます!
このブログのことを、お伝えしなければ・・・と
思いながら、日にちが過ぎて行ってました。

個人的な内容であるし、なかなか書きにくいことも
あるのですが、『バイオヘルス』という健康法を
体現して、治癒の経過を残して伝えて行きたいと
思って始めました。

頻繁に更新は出来ていませんが、また機会がありましたら
コメントを頂けると嬉しく思います。
Posted by ひ〜 at 2007年04月17日 08:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。